注文・セミナー・お雛様

今日は、朝から追加注文を受けいいスタート♪
昨日お届けしたのですが、やっぱりトータルでなんて
私には嬉しすぎるお言葉です。
ありがとうございます(*_ _)人

そして東北電力さんのセミナー

「環境と省エネを考えたこれからの住まいセミナー」
参考pdf http://www.akita-suzuki.co.jp/event/20090303/20090303a.pdf     

に行ってきました。40名予定が70名だったとか…
工務店さん、設備やさん方の関心の高さが伺えますね。
主婦の肩書で参加したのは物好きな私くらいでしょう(笑)

家の中の温度、室温ですね。
その室温は20年前に比べて、どこも(主に東北・北海道)5度から10度もUPしています
これは快適な生活を求めた結果ですね
当然、石油の消費量も上がっているのですが、
北海道はかなり消費が減っているのです(半分近くで、我秋田県は2倍近くに増えていました
ここにグラフを出せないのが残念ですがこれにはびっくり
   *これは秋田県立大学の 長谷川兼一 准教授 の研究です
でもね、20年前でピーンときました。

   昭和55年北欧住宅の視察旅行で、半袖で暮らすご家族を見て
   「私もこんな家を作りたい」
   と強く思ったそうです。グラスウールに限界を感じ、
   発砲ウレタン断熱を考え付いた松本節也さん。
   帰国し、試行錯誤の末完成(昭和56年)したのがFP工法
   FPのFはフレーム Pはパネルの頭文字です

   FP工法が東北に伝えられたのがおよそ20年前。
   当時北海道ではすでにFPの家が浸透していたのだとか
   そこで同じ悩みを持つ東北の工務店が北海道へ視察に行ったそうです。

長谷川先生の資料、北海道は札幌。
札幌はFP工法のおひざ元
他の工務店だって断熱性能を上げなければいけない状況があったはずです
したがって、早い段階から高断熱住宅が増えていたはずです。
ちなみに、北海道では大手ハウスメーカーシェアは、内地に比べ著しく低いそうです
大手ハウスメーカーは最近断熱を売り出しているのですから
同じ土俵に上がりにくかったのでしょうね。

先生の話を聞きながら、高断熱ってやっぱりいいね♪
なんて「今更」な事を思ってしまいました(^▽^;)

冬場のヒートショックの話もありました
私、旦那さまのご実家に伺って、どの部屋も寒いのですが
トイレが一番嫌でした。
まるで外でお尻を出しているような寒さ
築35年前後の家ってこんなもんでしょうね。
私の育った家も築年数はほぼ一緒ですが
ストーブをガンガン焚く家だったので余計に耐えられませんでした(笑)

今は幸せですよ~トイレにも暖房ありますから
DSCN0039_convert_20090304101445.jpg
 *肘掛はあった方が絶対いいです。将来…って思ったけど、バリバリ使ってます

セミナーはまだあったのですが…ここでは端折って

夜は家でお雛祭りをしました(*^▽^*)
  ケーキ おひなさま
おひなさまはじめ、決して豪華ではないけれど
楽しい時間でしたよ~

その後娘のリクエストでトランプもし
夜は更けたのでしたぁ(笑)

応援待ってます♪
ひろき君を救う会

募金目標額 9800万円   3月3日現在 29,450,644円
ダイヤルQ2「ひろきくんいのちのダイヤル」 0990-51-6789

マックスバリュ東北株式会社さん3月3日(火)より、

秋田県内の

マックスバリュ36店舗
にて

ひろき君を救う会」を応援する募金活動を実施との事。

ありがとうございます(*_ _)人

ニュースリリース http://www.mv-tohoku.co.jp/newsrelease/new_090303.html

マックスバリュさん、お願いです。秋田県外でも是非お願いいたします(*_ _)人



こちらの応援もお願いします(*_ _)人
バナー人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking



















コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。