穿刺吸引細胞診 2

穿刺吸引細胞診 1 の続き

上半身だけ病衣(?)に着替え順番を待っていると
なんとお腹がなりそう…

実は朝から頭痛であまり食欲がなかったのです。
でもこんなタイミング
しかも待っているときに見ていた雑誌は

☆オレンジページ☆
落ち着いて読む事は難しい事でした(笑)

すぐに呼ばれた事に感謝ですね(*^▽^*)


検査室には超音波が準備され、何故か消毒の際は
目にガーゼをされていました。
万が一薬が飛び散った時の為???
目隠しガーゼを外され超音波の画面を見ながら先生は針を刺しました。

そうそう、先生は超音波の検査士さん(?)が患部付近に超音波を当てていた事に
ありがとう
って言っていました。素敵なDrだわ。

ネットで検索したところ
 凄く痛い。二度と受けたくない
 痛みは全くない
と意見が解れていました。
なので凄く緊張したけど、「痛くない」と言い聞かせ
針が刺されるであろう場所に気功も送り(笑)

全く痛くありませんでした~

画面を見ながら先生はしこりに針を刺します。
しこりに刺さっている事を説明し
動かす理由はなるべく多くの組織を採るためであるとお話下さいました。
ほどなく針を抜き検査は終了

あっという間の時間でした

私の前の方は失神するかと思う位痛かったそうで
「場所によるのかしらね~」と雑談しました。

今日の検査費…3450円

クリニックには事前リサーチしなかったので会計はドキドキでしたが
普通の会計でホッとしました。


前回 マンモ・超音波・採血(甲状腺系検査含む)で6480円でした。


結果は来月初めに出ます…


今痛みはないです。
帰宅途中少しちくちくしましたが
気にするほどではなかったです。

運がいいのかな?

※穿刺吸引細胞診…注射器でしこりを刺し、細胞の性質を顕微鏡で検査する方法
良性か悪性かの診断をほぼ確定することができるのだそうです。


バナー ブログランキング・にほんブログ村へ 









そろそろ来年の手帳のセレクトも始めなくちゃ…

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。